ホリ袋

LIFE'S A GAS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]

【日記】STIFF LITTLE FINGERS来日ツアー2010 

STIFF LITTLE FINGERS来日ツアー、初日のシークレットライブ合わせ3日間の東京公演に行ってきた。

STIFF LITTLE FINGERSが来日交渉中ということを知ったときのコーフンから実際に来日し、実際に観に行った感想までをTOGETTERにまとめたので、貼っておきます。




一応、ざっくりと箇条書きでテキストでもまとめておきます。

  • 当初予定されていた東京公演初日の前日にビニールでチケットを購入した人特典のシークレットライブ。しかし、チケットがあまり売れなかったため、急遽フツーに当日券販売したという。ビニールで買った俺みたいな人の立場は…
  • 初日のシークレットライブ@ANTIKNOCKは20年も待たされた客のテンションが沸騰状態でダイブとかあって、ジェイク困惑というか不機嫌。しかし、個人的にもテンションは上がってたし、選曲も申し分なかったのでサイコーの幕開けだった。
  • SLFが始まる前のBGMは全曲CLASHで、CLASHが一番カッコよく聴こえる一時。
  • SEのGO FOR ITの前にバグパイプの演奏が入ってアガった。
  • パンクと一言で言っても活動しているところや経てきた時代で行動様式は様々というのを改めて思った。ヨーロッパのアーリーパンクでダイブやステージに上がったりというのはあまり見たことがない。いくら自分のパンク観からダイブとかしても、それとは行動様式が違うバンドの前でそれやったら戸惑う
  • 確かにライブは好きに楽しめばいいと思うけど、やはり空気を読んだ上で好きに楽しんだ方がいい。それにダイブやステージに上がったりというのは好きに楽しんでるように見えて、その人なりのパンク観からくる「見えない圧力」のようなものが働いているような気もする。今風にいえばバイアスというやつ
  • 2日目(当初の予定では初日)公演@AREA。前日は最前列で揉みくちゃになりながら観たが、この日はフロアの真ん中あたりでじっくり観た。
  • 前説で注意してたのもあり、ダイブとかほとんどなく、ジェイクもゴキゲン。前日以上に素晴らしいライブだった。
  • フロアの真ん中あたりで観てたにも関わらず、終わった後耳鳴りしてた。
  • AREA2日目は行かず。チケットの売れ行きは一番良くなかったみたいだけど、どうだったんだろう。
  • 東京公演最終日@AREAは前座でBACK TO BASICSが出演。久しぶりに観た。コースケサイドで観てたけどカッコよかったな。色白すぎるけどw
  • この日はバグパイプの演奏なし。
  • BACK TO BASICSが出たこともあり、この日は一番知り合い多かった。
  • GUITAR AND DRUMが始まる瞬間、誰かが後ろで「ホリー!」と叫んだ気がした。
  • GUITAR AND DRUMは輸入盤のみだったので、出た当時日本ではまったくと言っていいくらいどこにも取り上げられてなくて(唯一ユニオンのフリーペーパーか何かで紹介されてて俺もそれ見て知ってソッコー買いに行った)、陰ながら布教活動してたからあのとき都合のいい空耳が聞こえたのかもしれない。
  • BIRBED WIRE LOVEのときだったか、横みたらヘル兄がいて「サイコー!◎□×◇\※~!」とか叫んでて嬉しくなった。やはりライブのとき、友人とかも楽しそうにしてると嬉しくなる
  • 「俺は誰のヒーローにもなりたくない、誰のスターにもならない。お前自身になるために立ち上がるんだ」~SLF - NOBODY'S HERO 30年前の歌がまさか今どストライクで響いたな。情報過多でむしろ指針がないこんな世の中だから。
  • 行く前から思ってたけど、主催はもっと今の日本のバンドとかライブハウスとか、その辺の状況を知った方がいい。少し舐めてるようにも思えた。


と、こんなカンジでした。

また観れる日がくるといいな。





Stiff Little Fingers スティッフ・リトル・フィンガーズ / Guitar And Drum 輸入盤 【CD】





Stiff Little Fingers スティッフ・リトル・フィンガーズ / Nobody's Heroes 輸入盤 【CD】
詳しいライブレポありがとうございます。
いま南米赴任なので観に行けませんでした(泣。
40過ぎのおやじがSLF聞くと10代に帰り、いまだに血が騒ぎますw
18年前のチッタ川崎に行ったとき、自分の中でパンクと決別したはずなのにね。
チッタのライブも、すでにパンクライブでなく、年季の入ったロックライブでしたけどね。
そん時にはやらなかったDoesn't make it alrightもやってくれたんですね。アリで演ったのみたかったな。
チッタのライブの後会場から出てきたジェイクと少し話をした時、アリは解散後、事業をしていると言ってましたが、スキンヘッズになって帰ってきたんですねww。

なんかそんなことをHOLLIEさんのレポ読んでそんなこと思い出したのでとりとめもなく書かせていただきました。
[ 2010/06/01 12:22 ] [ 編集 ]
拙文お読みいただきありがとうございます。
ジェイクは元々ディープパープルなんかをカヴァーするようなバンドをやってたり、技術志向があるので、若い頃から演奏面での貫禄のようなものはあったのかもしれないですね。
今回の演奏もレコードを聴いているかのような、年季の入った丁寧な演奏でしたよ。

アリは事業をやっていたんですね。
今回のライブではメンバーの中で一番客を煽ったり、ステージを縦横無尽に動き回ったり、ホントにアグレッシブな人なんですね。
納得です。
DOESN'T MAKE IT ALRIGHTもとてもよかったです。

ちぇんじさんはパンクとは決別したということですが、今はもうそういう音楽は聴かれないのでしょうか?
当時のライブで決別するような何かがあったんでしょうか。

自分はSLF初来日には間に合わず、RAMONESすらもライブでは観たことがないので当時のお話を聴けるのはとても興味深く嬉しいです。
よければまたお話お聞かせくださいね。

ありがとうございました。
[ 2010/06/02 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

HOLLIE

Author:HOLLIE
最近埼玉古書組合に加入し、ネットで古本屋を営んでいます。
不要になった本、CD、DVD、レコードなど買取します。

過去の経歴
下北沢SHELTER~松本RIDEOUT~渋谷LUSHという3つのライブハウスを経て、その間プチ週末というパーティーを新宿LOFTで毎月開催したり、「JUNKSHOP」というライブイベントを不定期に開催していたが、それらの企画は現在休止中。
仕事が落ち着いてきたら、またボチボチやります。

Twitter
告知専用掲示板

過去記事ベスト10
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。