ホリ袋

LIFE'S A GAS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]

【社会】選挙前に見ておく記事まとめ 

直前になってしまったが、今日は参院選の投票日です。

というわけで、投票の前に見ておきたい記事のまとめでも。


Google 未来を選ぼう 参院選 2010

Googleの参院選特設サイト。

さすが分かりやすく整理されていて見やすいです。


参院選の投票前にチェックしておきたいサイトまとめ(2010年版) : ライフハッカー[日本版]

「どこの誰に投票すればいいかわからない」という手助けをするウェブサイトというのも色々ありますが、それがこの記事に集約されています。

ボートマッチというのはインターネット時代ならではの選挙ツールですね。


池田信夫氏、7月11日の参院選に向け、堀江貴文氏と"政治のウラ"を語り尽くす(前編) - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース

最近インターネットユーザの政治的指標となりがちな2人の対談をテキストに起こしたもの。

やはり話は官僚批判とベーシックインカムへと収束していくが、経験則から具体的な案を話しているのでわかりやすく共感もしやすい。

YouTubeとかで動画もあるみたいだけど、やはりテキストに起こしたものの方が時間かけずに読めるのでいいですね。


共産党という名の貧困ビジネス - Joe's Labo

消去法で共産党を選ぶ人も結構いそうだが…。


Yahoo!みんなの政治 - 過去の選挙結果

過去の選挙結果を見るのも面白いです。


Togetter - まとめ「【議論ごっこ】投票なんて行くだけ無駄。」

ショージキ俺もこの選挙で何かが変わるとは思えない。

個人を支持しようが組織を支持しようが。

上で「消去法で~」と書いたが、実際消去法でしか選べないんじゃないかとも思う。

しかし、こういう思考をする人は多分今までに自分の意思で何かを変えるということがなかった人なのではないだろうか。

変わらないと思ってる人には実際何も変えられないだろうし、何かを変えた人は変わるということを知っているので、すがる思いでも変えるために動くものではないだろうか。

どこの誰に投票するというのは、俺はさして重要じゃないと思う。

一票じゃ雇用も世代間格差も基地も年金も高速道路も郵政も良くはないだろうけど、0.何パーセントか投票率はあがる。

これは理想でも夢物語でもなく、確実に上がる。

投票率が低いままでは、国はその層の声に耳を傾けはしない。

バンドだってリアクションがないところじゃライブしたくないだろ。


ま、行かない方が良くなると思うのなら、それも政治だと思うけど。


最後に2つの記事を。

それでも、私たちは選挙に行くべきだと思う理由 : tokuriki.com

与党を惨敗に追い込んだ韓国の若者パワー ツイッターに促され次々投票へ、北朝鮮と経済政策へ不満爆発 JBpress(日本ビジネスプレス)

アメリカや韓国は若いやつらが国を動かした。

さて、この国ではどうだろうか。



[ 2010/07/11 ] OTHER | トラックバック(0) | コメント(0) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

HOLLIE

Author:HOLLIE
最近埼玉古書組合に加入し、ネットで古本屋を営んでいます。
不要になった本、CD、DVD、レコードなど買取します。

過去の経歴
下北沢SHELTER~松本RIDEOUT~渋谷LUSHという3つのライブハウスを経て、その間プチ週末というパーティーを新宿LOFTで毎月開催したり、「JUNKSHOP」というライブイベントを不定期に開催していたが、それらの企画は現在休止中。
仕事が落ち着いてきたら、またボチボチやります。

Twitter
告知専用掲示板

過去記事ベスト10
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。