ホリ袋

LIFE'S A GAS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]

ECサイト群雄割拠 

昨日の投稿でヤフオク出品制限をくらって、さてどうしようということを書いたけど、そんな矢先、こんなサービスの発表がありました。

YAHOO!バザール

ヤフオクのように競りでの落札ではなく、固定価格で無料でずっと出品できますよっていうものらしい。

ヤフオクの悩みのタネのひとつとして、ウチの場合、ある程度オークション形式で回転させて落札されなかったものは即決価格(固定価格)にして、少しずつ安くしていくという方法をとっているんだけど、ヤフオクはある程度の期間しか出品できず、再度出品するには出品手数料(10.5円)がかかるということ。

たかだか10円と思うかもしれないが、出品数が何百とかになってくると軽視できない金額になってくる。

そこで、一度ヤフオクで競りで回してみて、ダメだったらこのバザールに移して長期戦に持ち込む、という方法が容易に思いつく。

で、このYAHOOバザールについて調べまわっていたところ、以下のようなECサイトがあることを知った。

Stores.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー):最短2分で、驚くほど簡単に、オンラインストアが作れる
ネットショップ開業ショッピングカートサービス【カラーミーショップ】 30日間無料

Store.jpは簡単にオシャレなECサイトが作れるというものだけど、ソーシャル機能というか、モールがない(のかな?)ので、主客が難しそう。

一方、カラーミーという方はカラメルやなんかとも提携しているようで、モールへ露出できるので、ある程度集客は見込めそう。

ついでに今までスルーしてたけど、カラメルとかについても調べてみたけど、結構機能やサービスが充実していて、使いやすそうではある。

まあでも、総じてどんぐりの背比べで、アマゾンとヤフオクがまだまだ二強といったところかな。

YAHOOバザールに関しても、まだ決済方法とかの実情がわからないのもあるけど、今のところ、別にヤフオクの即決でもいいかな、と思える。

ウチのように保管スペースが少ないと大量の在庫を長期保管できないので、ヤフオクの限られた競りの期間である程度の利益出したら、市場に持っていくなり、ヤフオクで激安価格でスタートさせて掃いてしまった方が効率がいいし。(アマゾンは物流倉庫があるので別)

短期間の競りでは落札こそされなかったが、待っていればこれくらいの値段では売れるはず、というものは、それなりのところに持っていけば、それなりの値段で買い取ってもらえるはずだしね。

むしろ、このYAHOOバザールのローンチで期待するのは、アマゾンはじめ、その他ECサイトがこれに対してどう動くか。

同会社がやるサービスなので、期待はできないが、ヤフオクももうちょっと使いやすくなってほしい。

しかし、ヤフーって先行でなんとかここまでやってきたけど、もはややることなすことオワコンにしか思えないんだよな。

ヤフオクももう落ちていくだけだと思うんだよね。

どう考えてもこっからまた伸びるとは思えない。

今回の出品制限によって芽生えた感情も多分に含んでの感想だけど。

既得が危篤っていうか。


そんなわけで、ヤフオクに弾かれたとしても、そんなに心配することはないのかな、という話。

ちょっと検索すれば、これから伸びそうなECサイトいっぱい出てくるし、古い雑誌のバックナンバーやるんだったら、ちょっとSEOがんばれば自サイトでもなんとかなりそうな気もするし。

昨日から古本市での売り方も色々考えて、光が見えつつあるしね。


まあでも、今月中にクソオクの制限解除がなかったら、いの一番でバザールに出品すると思うけどな!(でも、オクで制限くらってるIDで参加できるのかな)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

HOLLIE

Author:HOLLIE
最近埼玉古書組合に加入し、ネットで古本屋を営んでいます。
不要になった本、CD、DVD、レコードなど買取します。

過去の経歴
下北沢SHELTER~松本RIDEOUT~渋谷LUSHという3つのライブハウスを経て、その間プチ週末というパーティーを新宿LOFTで毎月開催したり、「JUNKSHOP」というライブイベントを不定期に開催していたが、それらの企画は現在休止中。
仕事が落ち着いてきたら、またボチボチやります。

Twitter
告知専用掲示板

過去記事ベスト10
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。