fc2ブログ

ホリ袋

LIFE'S A GAS

【動画】Reo Yokomizo & Neon Group (ネオン・グループ) 「WILD CHILD (ワイルド・チャイルド)」 ライブ 

来月2月9日のJUNKSHOP vol.35に出演するReo Yokomizo & Neon Groupの1stアルバムに収録されている「WILD CHILD」のライブ映像です。




2005年6月13日、代々木Zher The Zooでのライブということなので、1stアルバムリリース前ですね。


俺がReo Yokomizo & Neon Groupをカッコいいと思う要素のひとつは、曲が短いということだ。

この曲も1分40秒くらいで、サッサと終わる。

パンクロックだ。

「なんで曲が短いとパンクなのか」なんていうのは、愚問だ。


Neon Groupもそうだが、DJをやるときにDAMNEDの4枚目のアルバム「The Black Album」に収録されている「SICK OF THIS AND THAT」をかけると、曲が早く終わりすぎて、次にかけるレコードが間に合わず、大体次の「HISTORY OF THE WORLD Pt.1」もかかってしまう。


そう、パンクとはそうやって「次はああしよう、次はこうしよう」という、セコセコ準備したようなものを一気にぶっ壊してくれる、そういうものであったはずだ。

「人生とは未来のための積み重ねでなくてもいいのではないか」ということを教えてくれたものであったはずだ。

そして、モタモタしてると完全においてかれてしまうものであったはずだ。

第一、「HISTORY OF THE WORLD Pt.1」だって、サイコーの曲なのでまったく問題はない。


話はだいぶ逸れましたが、パンクとは何も革ジャンを着て、反体制を歌わなくたっていいのだ。

チョッキを着て、夜に恋焦がれる歌を歌ってても、CLASHの「KOKA KOLA」と同じようにスカッとツーカイな歌もあるのだ。


というわけで、まだ未見の方には是非Reo Yokomizo & Neon Groupのライブを観てほしい。

できれば2月9日に観てほしい。


あ、でも明日もライブがあるので(→その記事はコチラ)、是非そちらにも足を運んでみてほしい。


以下でReo Yokomizo & Neon Groupの他の曲も試聴できます。
Reo Yokomizo & Neon Group(MySpace)


「WILD CHILD」も収録されている、2006年リリースの1stアルバム
 ↓ ↓ ↓

Reo Yokomizo&Neon Group/Neon Group(発売日:2006年04月20日)


以下、関連記事
【JUNKSHOP】ひさしぶりのJUNKSHOPです!
【ライブ情報】ATTA BELTERSS (アタ・ベルターズ) / Reo Yokomizo & Neon Group (ネオン・グループ) / 他
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

HOLLIE

Author:HOLLIE
最近埼玉古書組合に加入し、ネットで古本屋を営んでいます。
不要になった本、CD、DVD、レコードなど買取します。

過去の経歴
下北沢SHELTER~松本RIDEOUT~渋谷LUSHという3つのライブハウスを経て、その間プチ週末というパーティーを新宿LOFTで毎月開催したり、「JUNKSHOP」というライブイベントを不定期に開催していたが、それらの企画は現在休止中。
仕事が落ち着いてきたら、またボチボチやります。

Twitter
告知専用掲示板

過去記事ベスト10
ブロとも申請フォーム