ホリ袋

LIFE'S A GAS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]

【WEB】アーティストがオンラインで楽曲を販売できる 「viBirth (ヴィバース)」 

株式会社ブレイブが先月中旬より、アーティストが自身で楽曲をアップロードし、それを販売できるサービス「viBirth」を開始しました。


まあ、文章で説明しても分かりづらいと思うので、実際に見てみましょう。





このように、viBirthに登録されているアーティストのウィジェットを誰でも自身のブログやMySpaceに貼り付けることができる。

なので、自分のホームページやブログはもちろん、そのファンも貼り付けることができるのです。

ウィジェットでは楽曲試聴・販売の他、プロフィールやライブ情報、YouTube動画などもタブで切り替え表示させることができるので、これだけでバンドのホームページとして成り立つくらいのコンテンツとなる。

つまり、ファンの数だけ(というと語弊があるが)自身のホームページを表示させることが可能になる。


さらには、viBirthに登録するとiTunes StoreNapsterへの楽曲登録を代行してくれるという。



と、これだけ言うとあまりに楽観的というか都合のいい解釈に思えるのは、viBirthにアーティスト登録するには毎月3150円の利用料がかかるからだ。

viBirthで販売する楽曲はPC向けが1曲150円、ケータイ向けが210円。

うち7割がアーティストに支払われるロイヤリティとなり(viBirthが3割もらうということ)、そうするとPC向けの場合、1曲売れるとアーティストに入ってくるのは105円。

30ダウンロードで毎月の利用料がペイ。

年間にすると360売らないとマイナスになる計算。

これだと多くのインディーバンドには敷居が高いのでは。

支払い方法もクレジットとウェブマネーだけというのも…。(まあその辺のわずらわしさはiTunes Storeでも販売できるということなので解消できるかな)



でもまあ、MySpaceでの試聴回数がかなり多くて、「アレ、俺達もしかして…」とか思ってる人達には使えるサービスかもしれないですね。

好きなアーティストの楽曲を自分のブログで販売できるというのも、ファン心理にはウレシーことかもしれないし。



しかし、よくわからないことも多々あり、例えばiTunes Store経由で売れた場合、トーゼンiTunes Storeにマージンは取られるのだろうが、さらにviBirthにも取られてしまうのか、とか、viBirthに楽曲をアップロードすると自動的にiTunes Storeなどにも登録されるのか、とか、楽曲の単価は自分で設定できないのか、とか、一度退会して再度同じアカウントを取得できるのか(毎月利用料を払わなければならないので、作品をリリースしたときだけ加入する、というケースも考えられると思うので)、とか…。

末端消費者にそんなことまで公開する義務はないのはトーゼンといえばトーゼンなので、誰か試しにやってみて、どうだったか教えてくれw

そしてらこのブログにもウェジェット貼るしw
[ 2008/08/08 ] MUSIC | トラックバック(0) | コメント(0) このエントリーをつぶやく
[タグ未指定]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

HOLLIE

Author:HOLLIE
最近埼玉古書組合に加入し、ネットで古本屋を営んでいます。
不要になった本、CD、DVD、レコードなど買取します。

過去の経歴
下北沢SHELTER~松本RIDEOUT~渋谷LUSHという3つのライブハウスを経て、その間プチ週末というパーティーを新宿LOFTで毎月開催したり、「JUNKSHOP」というライブイベントを不定期に開催していたが、それらの企画は現在休止中。
仕事が落ち着いてきたら、またボチボチやります。

Twitter
告知専用掲示板

過去記事ベスト10
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。